トリニティタッチヒーリングについて

浜松で生まれたTTH®との出会い その①

 

大変お久しぶりの投稿です。

 

 

今回は、私とトリニティータッチヒーリング®(TTH®)との出会いについて

綴ってみたいと思います。

 

まず、私がTTH®の創始者の旧サロンに出会ったのは今から7・8年?前のこと。

(現在はシークレットサロンとなっております。)

 

 

当時の私はというと、

自分に自信が持てず、

どこかそれを言い訳に努力を怖れ、

心に罪悪感を抱えて、

 

許されない(と思い込んでいる)私を赦せず

許さない(けど助けて~と求める)私を赦せず

許す私を(え?許すの?いかんやろ)… 赦せず

十字架を背負ってみるものの

背負えばくじけ、降ろせば自己嫌悪の日々でした。

 

もはや一人芝居ですね~( ̄▽ ̄)

 

罪悪感を抱くことが、免罪符になっていたのかもしれません。

 

 

苦しくなって…

友人と語り合えば、一時心が休まり楽になりました。

人生の大先輩に相談したり、時にリーディングなども受けました。

とても勉強になったし、ほ~、なるほど。と納得もしました。

でもなぜか、心にストンとは落ちず、心のモヤがまた現れる。

 

これは、自分の心の在りようがいけないのか。と、

本もたくさん読みました。そんな時ってちゃんと求めてる本に

出会えるものだな~、なんて感動もしました。

だけど、やっぱり、自分の核心に迫る答えはみつからず…

 

そんなある日スカイプで受けたのが、TTH®の創始者である先生の

TTH®とは別のセッションでした。

 

セッションの最後に導かれ自分から出たイメージ。

それが答えだと自分で感じられた想い。

 

とても感覚的ではあるけれど、

感覚的であるからこそ心にストンと落ちた。

何とも言えないあの泣き笑いの安堵感が、

今も鮮明に蘇ります。

 

答えを外に求めてみても

答えはいつも自分の中にある。

 

私の自己治癒力を信じ、委ね、寄り添ってくださった

あのセッションが、

今私のセラピストとしての軸となっています。

 

 

このセッションを機に、次はTTH®を受けるべく

いざ浜松へ。となったわけですが・・・

 

「はじめてのトリニティタッチヒーリング」の巻 は、

その②につづく・・・

 

ホワイトルンゼウエディング

■住所

〒509-3505

岐阜県高山市一之宮町7846-1

モンデウススキー場ゲレンデ内

TEL0577-53-2831(宿泊予約)

FAX0577-53-3155

 

■アップルパイの全国発送

承ります。

「楽天1位のアップルパイ」の

ページへ入りご注文下さい。

 

 

 

 

■営業時間

10:00~17:00

ランチラストオーダー13:30

カフェラストオーダー 15:00

 

■駐車場

スキー場駐車場(無料)を

ご利用下さい

 

 

■定休日

毎週月曜日(月曜祝日の場合は月・火連休)

 

 

 

 

 メールお問い合わせ先

■runse@hidatakayama.ne.jp

(件名に『結婚式問い合わせ』

 などとお書きください。)